hibi no kurashi

マイペースに暮らすワタシの日々の記録

弘前市「OSTERIA ENOTECA DA SASINO」

クリスマス頂いてきました。白トリュフ祭りです。
クリスマス期間なのに夜は2組のみ。
金額がお高いので気が引けますよね…。
果たしてお値段に見合うお料理が出てくるのか?!

・半熟矮鶏
・鱈の白子のポテト焼
・フォアグラと軍鶏のレバームース
・南瓜のキャンディラビオリ
・白トリュフのリゾット
・青森鴨のロースト 菜園の恵みと白トリュフ
・クリスマスドルチェ
・エスプレッソ&小菓子

烏骨鶏の卵が入らず、矮鶏に変更。削りたて白トリュフを少々。
濃厚な黄身にトリュフが隠れてしまったけど、香りがふわりと漂います。でもメニューとしてはライト過ぎる前菜。
f:id:minanamina:20151226113742j:image

鱈の白子をジャガイモの薄いガレットで包んだ2品目は私好みのもので、白ワインにも合う。
下に敷いた菊芋のペーストが、ジャガイモと白子の食感を繋ぐ役目を持ってて味も滋味深い。
菊芋はサスィーノ農園のもの。
f:id:minanamina:20151226113757j:image

フォアグラと軍鶏のレバーは癖がなく好印象だが、下に敷いたブリオッシュや添えてある農園野菜にパンチが無くちょっと平凡な感じに…。少し苦味があるルッコラや、甘みのある野菜が欲しかった。
f:id:minanamina:20151226113945j:image

キャンディ型のキュートなラビオリの中には南瓜のペースト。無慈悲に白トリュフを削り散らしてもらいます。芳しい香りがたまらない。
その昔、媚薬と呼ばれた意味が分かるような…何ともスパイシーな大人の香りです。黒とは違う、濃厚でまったりとした香りですね。
パルミジャーノがきいてて美味しいですが、ラビオリはもう1個欲しかったなぁ。
f:id:minanamina:20151226114139j:image

玉ねぎなどの香味野菜が香るリゾットに、こちらにも白トリュフをパッサ〜っと散らします。こんなに食べても飽きない白トリュフ…魅惑の扉を開いてしまったようです。
少量で食べやすいリゾットでした。
f:id:minanamina:20151226114853j:image

本日のメインである青森鴨のロースト。個人的には、今まで食べた鴨料理の中で一番美味しかった。火入れが得意なフレンチ店で食べたものより格段に上。多分素材が良すぎるのかもしれない。引き締まった身で甘さも感じられ臭み一切無し。私は大好き。鴨独特の味を楽しみたい人には綺麗過ぎて物足りないかも。
f:id:minanamina:20151226114927j:image

ここまでで腹6分目くらい。
この後のスイーツで一気に腹8分目になり、スイーツでお腹を無理矢理満たされた気が…。

その中でも、ティラミスのマスカルポーネのもっちり感は癖になりそうです。チョコカップのビターチョコレート(恐らくヴァローナ)もまぁまぁ美味しい。
f:id:minanamina:20151227164040j:image
f:id:minanamina:20151227163836j:image

クリスマスメニューはやはり少々高いです。
平日のディナーにも来てみたいです。
本当、一期一会なお店だなぁと感じました。







オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ
0172-33-8299
青森県弘前市本町56-8 グレイス本町 2F